トップ星占い>槇原敬之さん

槇原 敬之さん

1969年5月18日、午後11時26分、大阪生まれ

←内容が難しいと思う人は、マウスをのせてみて


ウィキペディアへのリンク ←この人のこと、もっと知りたい!と思ったら こちら

 

このページの先頭へ星占いのトップページへ
星占いのすぺしゃるへ

おばちゃん;いろいろ感じることがある時は、太陽から行くことにして・・・。

KNeko;えっ、そうなんや。

おばちゃん;まぁ、そのへんのことは、順番にな。
槇原さん、おうし座生まれや。おうし座は、生まれてきた魂が、最初に肉体を持った状態を意味しててな、それだけに自分の感覚で、いろいろなものをじっくりととらえて、自分の物にしようとするって言われてるんや。そやから、時に、おうしのように、確実に自分が納得の行くスピードで進もうとするんや。さらに、自分ならではの感覚が発達してて、優れた美的センスを持ってる人も多いんやで。
槇原さんも、自分が納得のいく形で、ええ作品を残したいと人一倍願う人なんとちゃうかな。そういうとこでは、頑固やろし、また、頑固であってええ人やと思うで。
しかも、この太陽に対して、保護と拡張の星、木星、変革の星、天王星、爆発的なパワーの星、冥王星がトラインになってるからな、美的センスはさらに豊かで、新しい可能性を持ったもんになるやろね。音楽という芸術の道を行くには、ええアスペクトやと思うで。

KNeko;ふ~ん。

おばちゃん;それから、新しい可能性を求めるという点では、金星&火星の配置も面白いしな。

KNeko;金星はおひつじ座で、火星はいて座やよね。

おばちゃん;おひつじ座はパイオニアの星座やからな、未知の物、まだ、手にしていない物を追いかけたり、挑戦したりすることを楽しいと感じるタイプなんや。その金星に対して、いて座の火星がトラインで、これまた、自分の理想に向かって、まっしぐらに進んでくイメージや。
何かやってみようと感じたその瞬間に、第一歩を踏み出していて、いきなりトップスピードに入って、ばく進していくって感じやで。自分の音楽で新たな試みをしようと思ったら、躊躇せず、取りかかる人やろね。なかなかのチャレンジャーやで。

KNeko;そうなんや。

おばちゃん;このおひつじ座+いて座の火のエレメントとおうし座の組合せからすると、ギアの入り具合ちゅうんか、緩急のスピードは、その時、その時で、めまぐるしく変わるとしても、自分の感覚を信じて、進んでいく感じなんや。ちょっぴり職人気質で、頑固でもあるし、激しいとこもありそうやな。
そやけどな・・・。

KNeko;そやけどな?

おばちゃん;槇原さん、ふたご座に水星&月が入っててな、ふたご座の影響も強い人なんや。芯のとこは、マイペースなんやけど、このふたご座の星が、他者に対して窓を開いてるって感じになるかなぁ。
ふたご座は、好奇心旺盛で、周りから情報を集めて、それを生かすのが得意な星座やろ。そこに、知性の星、水星が入ってるってことは、他人とのやりとり、卓越したコミュニケーション能力を授かっているってことやで。

KNeko;うん、確かに、マッキーの歌詞はええなぁって思うわ。

おばちゃん;その通りや。さらに、おしゃべりで周りの人を楽しませたりも得意なはずやよ。

KNeko;なるほど、なるほど。

おばちゃん;そやけどな、月の方を見てると、ちょっと気になったりもするんや。月は、他人に対してどう反応するか、に影響するって言われるんやけど、冥王星&木星とスクエアになってるし、周りの空気に乗せられて、それにあわせて、なんでもやってまうってことがあるかもな。
それが、幅を広げるって枠内におさまってるならええんやけど、ほんまに自分がやりたいこととのギャップが出てきたら要注意かなぁ。ひょっとしたら、槇原さん自身、これは本当に自分のやりたいことだろうか・・・と常に問い掛けながら仕事をしてはるってとこ、あるんかもなぁ。
まわりにどう合わすかと、自分はどうしたいかの間で、いったりきたりするんは、人間の常やけど、槇原さんは、ミュージシャンという仕事のせいもあって、人一倍そこで悩むタイプかも知れへんなぁ。

KNeko;おばちゃん、心配?

おばちゃん;う~ん、ただ、そういうブレを体験しながら、器が大きくなってくってとこはあるからな。
おうし座+火のエレメントだけでできてる配置と、そこにふたご座が入ってくる配置とどっちが魅力的かっていうのは、難しい問題やけど、自分の外にあるものと折り合いをつけながら、それに引きずられないよう自分の作品を作るっていうんが、槇原さんの天分なんやろからな。
あと一つ、気になってるんは、海王星の存在なんや。

KNeko;あっ、太陽とオポジションになってる!

おばちゃん;しかも、ほとんど誤差なしやから、この海王星、すごい影響力あると思うで。
前も、言うたかも知れへんけど、海王星は夢、幻、イマジネーションの星やから、とても深い芸術的な感覚を授けてれるんや。そやけど、同時に、根拠のないあいまいなもんに支配されてしまうような側面もあってな、なかなか一筋縄ではいかへんのや。
槇原さんの場合は、水のエレメントと縁が薄いし、芸術的な感覚を深めるという意味でこの海王星はありがたい存在ではあるやろけど、どないしても、迷いを抱えるとこはあるんかもなぁ。
ただ、もうだいぶ長い間、この道を歩いてきはって、実績も積んできはったんやから、自分の信念を大切にして、活動していってほしいなぁ。おうし座は長期戦での強さでは、1、2を争う星座で、それができるはずの人やと思うしな。

KNeko;そしたら、これからも、素敵な曲をたくさん作ってくれはるかなぁ。

おばちゃん;うん、それをたくさんの人が待ってることやしな。

 秘密の部屋の入口
実は、この占いには続編があります。ここまで、読んでくださったあなたに、入口をお教えします。