トップ星占い>吉田美和さん

吉田 美和さん

1965年5月6日生まれ

←内容が難しいと思う人は、マウスをのせてみて

ウィキペディアへのリンク ←この人のこと、もっと知りたい!と思ったら こちら

「やさしいキスをして」の歌詞  ←どんな歌詞?と思ったら、こちら

このページの先頭へ星占いのトップページへ
星占いのスペシャルへ

KNeko;おばちゃん!すごいきれいな三角形や。グランドトラインや。いや、それだけやのうて、これは、え~と・・・。

おばちゃん;カイトや。グランドトラインになってる星のうち2つの星からセクスタイルの位置にまた別な星がある配置や。星がスクラムを組んだような感じで、大きな目的に向かって働くって感じかなぁ。出生時間がわからへんかったから、月の位置がはっきりせえへんで、断言はでけへんけど、まぁ、間違いなしやろ。
そやけど、やっぱ、このカイトみごとやなぁ。きれいな水のグランドトラインと土の星の組合せや。

KNeko;えっと、水のグランドトラインやから、情感豊かってふうかなぁ。

おばちゃん;うん、そうやろな。やっぱ、かに座の月は印象的やな。とても優しくて暖かい人柄を感じさせる配置やで。土星とのトラインは、情感が豊かでありながら、落ち着いてる感じやし、海王星とのトラインは、ミュージシャンとして、大きなものを授けてくれてるって感じや。
なんせ、海王星は、夢、幻、ファンタジーの星やからな、それが、もとから豊かな感情、感覚にプラスされるんやから、芸術性、感受性は抜きん出てて、みごとな作品を作り上げる素地をもってはるってことや。
そんで、これだけの芸術的才脳を授かりながら、あぶなっかしい感じがないっていうのんが、吉田さんの星の特徴の一つやろな。

KNeko;あぶなっかしさ?

おばちゃん;芸術性とあぶなっかしさって、紙一重ととこあると思わへんか?
美しさって、手に触れようとした瞬間に、消えていってしまうような儚さがあって、芸術って、ほんの一瞬の美しさ、ほんの一瞬の心のきらめきを永遠に残そうとするもんとちゃうんやろか。美しさ、とか、感受性、とか、感情は、だいたい水のエレメントの守備範囲やろけど、水は、常に形を変えて、とらえきれないもんやしな。
芸術的感覚の豊かな人には、感情の起伏が激しかったり、どこか不安定で、あぶなっかしくて、でも、だからこそ、常人にはできない表現ができるってタイプが多いような気がするんや。

KNeko;うん、なんとなくわかるような気ぃするわ。

おばちゃん;でも、吉田さんは、これだけみごとな水のグランドトラインを持ちながら、落ち着いてる感じがするんや。土の星も効いてるからやろけどな。なんちゅうか、静かで深い湖みたいな印象かな。すごく深く、神秘的な色あいやのに、水面自体はとても穏やかで、時折、風が吹いた時に、少しだけゆれて、きらきら輝くって感じかな。

KNeko;おばちゃん、今日は、ロマンティックやなぁ。

おばちゃん;・・・。
まぁ、もうちっと具体的に見てみると、吉田さんの海王星は、相当の影響力を持ってて、その人の本質を表す太陽と、美や娯楽を司る金星ともオポジションや。とても大きな芸術的才脳を授けてくれるやけど、同時に、見えないもんに振り回される危険性もある配置や。そやけど、海王星からみてトライン、太陽&金星からみて、セクスタイルの位置に、月と土星が入ってきて、海王星の持つマイナス面をある程度、押させてくれる感じや。
それが、カイトってもんやって言われたら、それまでやけどな。
それとな、太陽&金星はおうし座、火星も同じく土のエレメントのおとめ座、そんでもって、カイトに安定感抜群の土星が組み込まれてる、ちゅうのも大きいと思うんや。

KNeko;ふ~ん。

おばちゃん;まず、おうし座やけど、自分の感覚でひとつひとつ確かめながら、一歩、一歩、進んでくって星座なんや。文字通り、うしの歩みやけど、確実に最後までやりぬく実行力は相当のもんや。
そんで、同じ土のエレメントのおとめ座に、火星、天王星、冥王星と並んで入ってて、これが、太陽とトラインちゅうのも、面白いとこやな。既成概念を超えた独自性や、疲れ知らずのパワーも授かってる格好や。
一方、火星は土星とオポジションになってるし、ちょいと細かいとこを気にしてまうとこもあって、全体を見ても、はっきり言って、スロースターターやろな。でも、やる時はやるって星に恵まれてはるなぁ。
バックコーラスやバックバンドを経て、ドリカムとしての活動が始まったんやけど、一歩一歩確実に自分の理想に向かうって感じは、この星に似合ってはると思うで。

KNeko;そう言えば、この年代の女性歌手に珍しく、アイドル的な扱いを受けたことは、ほとんどなくて、多くの人に知られるようになったんは、20才を過ぎてからやもんね。

おばちゃん;そうやな。そんで、これからも、息の長い、活動のできる方やと思うで。

KNeko;ところで、吉田さんは、恋愛の方はどうなん?

おばちゃん;基本的には、これまで見てきたんと変わらへんで。やさしくて穏やかな感じやけど、意外にマイペース。実は、芯が強いってふうや。思い、思われ、深い恋愛ができるタイプやと思うで。
恋愛といえば、私らは、その辺のことをせいぜい芸能ニュースで見聞きするぐらいやけど、吉田さんにも、ごっついつらい時、悲しい時があったんやろなぁ。

KNeko;そっか、そうやったね・・・。よう考えたら当たり前なんかも知れへんけど、いくら幸運のしるしと言われるグランドトラインを持ってても、悲しみに無縁!なんてことはないんやなぁ。

おばちゃん;そらそうや。どんな星を持って生まれてきた人にも、苦しみも、喜びもやってくるんや。人生には、自分でどうこうできることと、どないにもでけへんことがあるもんやしな。でもな、どんな人も、そん中で、自分なりの道を探りながら、自分の人生をつむいでいくもんや。占いでできることは、一番自分にあった歩き方を探すお手伝いをすることやと思うで。
それとな、ちょいと話がずれるかも知れへんけど、苦しいこと、悲しいことに出会わずに生きてると、年取った時、ふわふわしてるだけで中身のない人ってふうになってまうかもなぁ。長い目で見たら、ええことも、悪いことも、占いでいう吉も凶も、みんな大事なことなんかもな。