トップ星占い>ビル・ゲイツさん

ビル・ゲイツさん

1955年10月28日、午後10時、アメリカ、
ワシントン州、シアトル生まれ

←内容が難しいと思う人は、マウスをのせてみて

ウィキペディアへのリンク ←この人のこと、もっと知りたい!と思ったら こちら


このページの先頭へ星占いのトップページへ
星占いのスペシャルへ

おばちゃん;今日はな、私が、いつもお世話になってるビル・ゲイツさんを占うで。

KNeko;お世話になってるって・・・ウインドウズを作った人やよね。おばちゃん、けったいなこと考えるなぁ。

おばちゃん;何いうてるねん。私が書いたもんをこうやって多くの人に読んでもらえるんは、ビル・ゲイツさんがいたからやで。
しっかし、ビル・ゲイツさん、ほんまに改革の申し子のような星してはるなぁ。

KNeko;ひょっとして、天王星?

おばちゃん;な、なんでわかったんや!

KNeko;だって、おばちゃん、奇想天外、奇人変人、天才の星、天王星って、しょっちゅう言うてるやん。

おばちゃん;は、は、そうかい。そやけど、ビル・ゲイツさんの天王星、ほんまに印象的なとこにあるんやで。左側の地平線の直ぐ下、第1室っていうんやけど、空に星が昇ってくる直前の位置や。ここにある星は、その人の人格に強い影響を及ぼすって言われてるんや。第10室の星は、生まれた瞬間に空できらきら輝く星やけど、第1室の星は、その人が抱きかかえて生まれて来る星ってイメージやな。

KNeko;ふむふむ。

おばちゃん;その1室の天王星が、その人の本質を象徴する太陽とスクエアになってるわ、月とはトラインになってるわや。
ここまでみごとな天王星の持ち主には、めったにお目にかかられへんで。

KNeko;そっか。そしたら、超ど級の天才タイプなんかな。

おばちゃん;そんでな、さらに面白いことに、地のエレメントの星やミュータブル(ふたご座、おとめ座、いて座、うお座)の星が全くないんや。

KNeko;それって、どういうこと?

おばちゃん;地のエレメントは、実務能力が高くて、過去の実績を維持したり、よりよくすることが得意な秀才型や。一方、ミュータブルは、周囲から情報を取り込んで、自分のものにするのが得意な順応型や。
この二つに縁がないってことは、過去の遺物や周りの状況に、全く縛られへんってことや。自らの着想ひとつで、宇宙のかなたまで行ってしまいそうな雰囲気を感じるで。彼が活躍したコンピュータ自体、つい最近、一から始まったとこで、彼には、似合いやったと思うで。

KNeko;なるほど・・・

おばちゃん;そこへ、もんのすごい集中力を持つさそり座生まれやろ。自分がこうすべきと思ったら、誰がなんと言おうと、その道を進み続ける信念を感じるで。新しい物を生み出すには、着想のユニークさだけやのうて、何がなんでもやりぬく強い気持ちが不可欠やからな。

KNeko;確かに、さそり座の内に秘めた強さって、すごいなって思うことがあるわ。

おばちゃん;それからな、10室にぽっかりと月が昇ってるやろ。ビル・ゲイツさん、夜に生まれてはるから、産声を上げた瞬間、空には、きれいな月が輝いていたかもな。

KNeko;晴れてたらね。

おばちゃん;もう、しょーもないこと言いなや。
そやけど、ビル・ゲイツさん、ほとんどの星が地平線から下に固まってて、たった1個だけが地上に、しかも、空の一番高い位置にあるちゅう、特異な配置になってはるやろ。この1個だけ離れた星は、かなりの影響力を持つんやで。
だいたい、地平線より下に星が固まってる人は、縁の下の力持ちタイプって言われたりするけど、たった1個の空高く上がってる星の影響で、蓄積した全てのパワーが外へ向けて解き放たれるって感じになるんや。
しかも、それが、月ときてる。

KNeko;月?それがどないかしたん?

おばちゃん;月はな、大衆を意味することがあるんや。彼がそのオリジナリティを発揮した結果、大衆を巻き込むことになったと言えるんとちゃうやろか。
もちろん、ウインドウズは、マッキントッシュのパクリやとか言われたりもしたけど、コンピュータ専門でない人でも、使いやすい物を、という視点がビル・ゲイツさんにあったんは、確かやろしね。それまで、科学者や技術者とか一部の人のものやったコンピュータを、私らが日常生活で普通に使うようになったのに、彼は一役かったんやと思うで。

KNeko;そういや、ビル・ゲイツさん、はやばやとマイクロソフト社の第一線から引きはったって聞いたけど。

おばちゃん;そうやな、それも、この星の人らしいのかも知れへんな。地のエレメントの星がないってことは、いったん出来上がったものを少しずつ改良して収益を上げるような事業には、どうしても興味が薄くなるやろ。
さそり座生まれの上に、月がおひつじ座やから、熱いとこのある方で、自分のなすべきことに夢中な間は、恐ろしいほどの集中力とパワーを発揮しはったやろけど、それがある程度、完成したら、熱いところは、ちょっとひっこんだ状態になるかもな。そもそも、さそり座の情熱は、外にはあまり出ず、内っかわで、激しく燃えるってふうやしな。
今はむしろ、てんびん座の星と燃える思いが表にあまりでないさそり座の影響で、ビジネスマンらしからぬ、一歩引いた温厚な雰囲気をまとってはるのかも知れへんなぁ。