トップ星占い>西原理恵子さん

西原 理恵子 さん

1964年11月1日生まれ

←内容が難しいと思う人は、マウスをのせてみて

ウィキペディアへのリンク ←この人のこと、もっと知りたい!と思ったら こちら

このページの先頭へ星占いのトップページへ
星占いのすぺしゃるへ

KNeko;あらっ、西原さんか。あの人の漫画、おもろいなぁ。そんで、時々、ほろっとさせられるんや。

おばちゃん;うんうん。

KNeko;でっ、星の方は・・・っと。うわ、矢印型!

おばちゃん;あはは、そう言われてみたら、そやな。半球に9個の星が固まってて、1個がそれとは反対にある配置やからな。出生時間が不明やから、矢印の先っぽが、どのハウスにあるかがわからへんのは、ちょい残念やけど。

KNeko;えっと、星が9対1になる時は、1の星がなかなかの影響力を持つんやったっけ。あら、土星なんや。ちょいと意外!

おばちゃん;そうか?

KNeko;いや、だって、土星って真面目で重たい星やん。チェックの厳しい、口やかましいやつが、そばにいてって感じで。なんか、あっけらか~んとした西原さんの世界とはちゃうような。

おばちゃん;いや、そやけど、西原さんの星は、ある種の重みを感じるで。つわものって言葉が似合いそうで・・・。

KNeko;そっか、なんてったって、さそり座生まれ!一つのことに深く熱中する洞察力に富んだ星座やもんな。知性の星、水星も、さそり座で、しかもアスペクトがものすごいんや。

おばちゃん;あぁ、西原さんの漫画の面白さは、着想、発想、切り口の面白さってとこあるもんなぁ。

KNeko;うん、夢幻の星、海王星とコンジャンクションで、保護・拡張の星、木星とオポジション、そんで調停の位置に、奇想天外の星、天王星と爆発的なエネルギーの星、冥王星か・・・。
まぁ、一番影響が強そうなんは、誤差からみても、海王星やろなぁ。どこかとらえどころのない、インスピレーションにあふれた知性か・・・。

おばちゃん;そもそも、さそり座の水星ってとこにも、注目したいで。一つのことをぐっと追求する感じ、人よりも深く物事をとらえようとするとこ。

KNeko;でっ、行動の星、火星の方はしし座。そんで、これが、土星とオポジションなんや。しし座の火星は、正攻法で堂々と進んでく感じやけど、そこに、土星が絡むと、どうなるやろ?行動力にややブレーキがかかって、慎重になるかなぁ。

おばちゃん;あぁ、そやけど、そのブレーキが外れた時は、かえって、すごいパワーで前進しそうやなぁ。勢いに任せてちゅうより、エネルギーをいったん内っ側に溜め込んでから、ぐっと進むちゅう感じやなぁ。さそり座にも似たようなイメージあるかいな。いったんぐっと溜め込むとこが、よけいに凄みを感じさせたりして。

KNeko;うん、確かに重量級な配置やなぁ。さそり座は影の女王、しし座は表の女王って言うもんなぁ。女王様同士でタッグ組んだら、存在感ばりばりやもん。
そうでありながら、対人的な印象に影響の大きい月&金星が、社交性120%のてんびん座。重量級の星との対比で面白いとこやけど、こう来ると、火星までの星にミュータブルなしなんや。フィックスドの星ががつんと効いて、ここからも、わが道を進む姉御って雰囲気がするわ。
うわっ、しまった!

おばちゃん;ははは。月が、てんびん座とは限らへんって忘れとったやろ。いつ気付くやろって思ってたんや。

KNeko;ほんま、もう。てんびん座の金星だけでも、突っ込みどこな配置やから、もう、ええやん。

おばちゃん;ははは。

KNeko;ええやん。さそり座&しし座&土星ちゅう重量級な組合せやけど、社交性はばっちり。自分と持ち味の違う相手でも、臆せず付き合って、人脈をどんどん広げてくってこっちゃろ。
感じのええ人やけど、がつんと来るもんを持ってる・・・がつんと来るもんを持ってるんやけど、感じのええ人。

おばちゃん;そやな。普段のお付き合いで影響の大きい星と、自ら何かをしようとしてる時に影響の大きい星のイメージが、がらっと変わるんが、この配置の一番の特徴かもな。
ある種、アクの強いとこあるんやけど、なんとなく、いろんな人に受け入れられてまうちゅう感じな。実際に会ってみたら、意外にあれ・・・ってとこあったりしてな。

KNeko;そっか・・・。

おばちゃん;ほな、月はどっちやと思う?に行ってみよか。

KNeko;えっ?やるん?

おばちゃん;そらな。

KNeko;う~ん、やっぱり、このままてんびん座でどうや?金星といっしょになって、他の人とすんなりなじめる配置ってことで。
おとめ座の月の持つ、ちょっぴり固い、真面目で清楚なイメージは、なんか似合わへん気するわ。

おばちゃん;う~ん、やっぱりそういう答えになるか・・・。そやけど、西原さんの星の面白さは、おなかにずしんと来る星とてんびん座の金星の落差にあるやろ。そやから、ここで、もう一個落差があるちゅうのんも面白いで。第一印象は、線の細い真面目な感じやのに、付き合いが深くなればなるほど、違う顔がのぞいてきて、びっくりちゅうのも、似合いそうやで。